氏井矯正歯科クリニック 氏井矯正歯科クリニック

JR大和路線 奈良駅より徒歩3分
近鉄奈良駅より徒歩7分
奈良市大宮町1-1-28 メゾンプリメール2F
午前 10:00~12:00 午後 14:00~20:00

無料相談の予約はこちら
0742-23-4331
24時間受付 オンライン予約

JR大和路線 奈良駅より徒歩3分
近鉄奈良駅より徒歩7分
小山氏井矯正歯科クリニック

ADULT

マウスピース型装置の種類

当院で用いるマウスピース型矯正装置

当院で用いるマウスピース型矯正装置は、インビザラインとアソアライナーの二種類があります。

インビザライン

最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3D画像化技術、CAD/CAMなどの最先端技術が融合した高度なマウスピース矯正治療システムです。

アソアライナー

アソアライナーは日本の矯正専門ラボ(歯科技工所)アソインターナショナル社が手がけるマウスピース型矯正装置です。

マウスピース型装置の相違点

1. 装着時間

マウスピースをお口の中に毎日22時間以上入れていただくこと

2. 歯型取りが必要

マウスピースを作成するために、お口の歯型取りが必要 「マウスピースの型取りについて」は従来の方法でも、デジタルでもどちらでも可能です。

マウスピース型装置の相違点

当院で用いるマウスピース型矯正装置は、インビザラインとアソアライナーの二種類があります。

1. インビザライン

型取り回数 最初の一回のみでOK(症例により異なる)
アライナー 米国製
適応症例 広い
補助装置 あり
補助装置があることで細かい歯の動きが実現可能

より詳しく

より詳しく

2. アソアライナー

型取り回数 月に一回ごとに確実に必要
アライナー 日本製
適応症例 狭い
補助装置 なし

より詳しく

より詳しく

1. 日本製か米国製ということ

インビザラインは、米国アライン・テクノロジー社独自の3D画像化技術、CAD/CAMなどの最先端技術が融合した高度なマウスピース矯正治療システムです。
一方、アソアライナーは、日本の矯正専門ラボ(歯科技工所)アソインターナショナル社が手がけるマウスピース型矯正装置です。日本人の顎骨に合ったマウスピース矯正システムとして、歯科技工士が製作。正確性・製作法、費用面で定評のマウスピース型矯正装置です。

2. 型取りの回数が違うこと

インビザラインでは、最初に口腔内スキャナーで歯の型を取り、3次元シミュレーションソフト(クリンチェック)によって、治療終了までの歯の動きを計画して、その計画通りの動きをCAD/CAMを用いた光造形技術で正確にマウスピースを作成します。つまり、一度しか歯の型取りは行いません。
(ただし、追加の歯の動きが必要であると診断した場合、治療途中での歯の型取りが必要です。) 一方、アソアライナーでは、約1ヵ月に一度の間隔で歯型を採取します。その都度、厚みの違う3種類(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm 、ハード0.8mm)のマウスピースを製作し、ソフト・ミディアム・ハードの順に7〜10日間ごとにそれぞれ装着します。これによって、少しずつ歯並び・咬み合わせを整えることができます。  

3. 補助装置をつけること

インビザラインでは、アタッチメントや顎間ゴムなどの補助装置をつけることで、より計画通りに歯を動かすことが可能です。
アタッチメントとは、アライナーの維持力が向上し(マウスピースの中で歯が滑ってしまうのを防ぐ役割をします)、歯の移動や回転、あるいは圧下や挺出などの動きを、予測実現性の高いものにするために用います。