小山氏井矯正歯科クリニック 小山氏井矯正歯科クリニック

JR大和路線 奈良駅より徒歩3分
近鉄奈良駅より徒歩7分
奈良市大宮町1-1-28 メゾンプリメール2F
午前 10:00~12:00 午後 14:00~20:00

無料相談の予約はこちら
0742-23-4331
24時間受付 オンライン予約

JR大和路線 奈良駅より徒歩3分
近鉄奈良駅より徒歩7分
小山氏井矯正歯科クリニック

ADULT

マウスピース矯正

取り外し可能なマウスピースを使って歯を動かします

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは透明のマウスピースを装着し、歯を徐々に移動させる治療方法です。
当院でのマウスピース型矯正治療は米国アラインテクノロジー社が開発した新しい矯正治療です。
全世界で500万人以上の患者様が治療を受けられており、これまでの多くの治療実績に基づいて作られた独自のソフトウエアを用いて治療計画を立てているのが特徴です。

マウスピース型の矯正治療は、目立ちにくいので人前でなかなか気づかれません。
どうしても表側の装置に抵抗の有るかたや人前に立つ方に特におすすめです。

clincheckとは

clincheckとは、歯の移動量を各マウスピース毎にシュミレーションを行い治療開始から完了まで、どのように歯が動いていくのか、インビザラインの治療効果を患者様ご自身にハッキリとご確認いただけます。

マウスピース矯正のメリット

1. 通院回数が少ない

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、マウスピースを7日から10日間に1回、ご自宅で新しいものに交換していただき治療を進めていきます。
治療開始時にはインビザライン特有のアタッチメントの装着やゴムの指示を出す必要が有るので通院回数が多くなりますが、順調にすすめば2~3ヵ月に一回の通院になりますので、学校や仕事でお忙しい方でも無理なく矯正治療を行うことができます。

2. 痛みが少ない

矯正治療中に出る痛みは、歯に力をかけて動かしていくことで生じます。 ワイヤー矯正では、月に一回ワイヤーを調節することで約1mm歯を動かしますが、一方でマウスピース矯正では、マウスピースを一回交換する際の歯の移動量は約0.2mmと少ないので、歯に力をかける量が少ないので痛みが穏やかです。
過去にワイヤー矯正を経験されて二度目にマウスピース矯正治療をされた患者様は、ほとんど痛みがないおっしゃっています。

3. お口のトラブルを低減させる

普通の矯正では、歯面にブラケットという取り外す事ができない凸凹した装置を装着しますので、口の中の粘膜にあたって「痛む」「口内炎」などのトラブルが起こる可能性があります。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、凸凹した装置を入れることがありませんので、そのようなトラブルリスクを低減させ、安心して治療をするこができます。

4. 食べたいものが食べられる

歯面に固定するタイプの矯正装置の場合は、装置を壊わしてしまうような食べ物は避けるか注意する必要があります。 マウスピース型矯正装置(インビザライン)では食事中はマウスピースを外していただきますので食事の制限はありません。 食材を選ばず何でも好きな物が食べられますので、矯正治療中でもいままでと同じ様に食事をすることができます。 また、飲み物の場合、水であれば、マウスピースをしたまま飲んでも全く問題ありません。

5. 治療中も普段と同じ口腔内のケアができる

従来の矯正治療では装置とワイヤーが取り外すことができないため、清掃するのに、時間がかかります。
一方、マウスピース型矯正装置(インビザライン)では取り外せるので、今まで通りに歯磨きやフロスができます。
そのため、矯正治療期間中も従来通りのお口の衛生管理でムシ歯や歯周病の予防はすることが可能です。

マウスピース矯正のデメリット

1. 装着時間を守る必要がある

装着時間を守らないとマウスピース矯正の大きなメリットである外せる事が、逆にデメリットにもなり得ることです。
1日20時間以上を目標にマウスピースを装着しないと、歯が計画通りに移動せず治療失敗につながります。

2. 対応できない場合がある

歯並びやお口の状態によっては、マウスピース矯正では治療できないことがあります。
歯にねじれがある、奥歯のかみ合わせを調整する必要があるなど、大きく歯を動かす矯正にはマウスピースは不向きです。

治療計画どおりに歯を動かしていくために、補助装置としてゴム、アタッチメントが必要です。

ゴム

歯に透明な見えにくいボタンを装着して、その部分とマウスピースをゴムで引っ掛けていただき力を加えます。

アタッチメント

マウスピースが歯にしっかりと固定され、歯を動かすための圧力がかかるように設置する白い突起物のことです。直接歯に接着します。

装着時間

歯を動かすためには、マウスピースの力がしっかり歯に伝わる必要があります。そのためには22時間以上装着していただきます。

マウスピース矯正の種類

インビザライン

インビザラインとは世界で400万人の患者様に使用されている「透明のマウスピース型矯正装置」です。

ワイヤーを使用しないため、目立たず人前に立つお仕事をされる方々にも愛されています。
また、痛みが少なく通院回数も少なくて済むことも特徴です。

オーソパルス

インビザライン矯正治療を短期間で治療されたい方へ

矯正歯科治療を行いながら、低レベル光である近赤外線光を歯の周辺組織に照射することで、細胞エネルギーが活性化され、治療をスピードアップするだけでなく、痛みも軽減することができる方法です。

薬事認証について

薬事認証

日本国内ではカスタムメイドのマウスピース型矯正歯科装置は、市場流通性がないことから薬事法上の医療機器にも、歯科技工法上の矯正装置にも該当せず、医薬品副作用被害救済制度が適用されない場合があります。
ただし、インビザラインは、マウスピース型矯正装置として世界80か国以上、500万人以上の治療実績があり、インビザラインのマウスピース材料自体は日本の薬事認証を得ており、アレルギー等に関する安全性は確保されています。

Q&A

Q.裏側の装置は、痛みはありますか?

A.舌に矯正器具があたるので口内炎などになりやすくお痛みはありますが、痛みを防ぐワックスをお渡ししたり、樹脂をぬることで対応しております。

Q.発音しにくいことはありませんか?

A.装置を入れた最初は滑舌が悪くなることがありますが、少しずつ慣れてくる人が多いです。一般的に「さしすせそ」などの発音がしにくくなます。

Q.他の装置で見えにくい矯正装置はありますか?

A.多くの人は、話をしている時や笑った時は上の歯が見え、下の歯はあまり見えません。そこで、上の歯のみ裏側の矯正装置を使用し、下の歯には表側の目立ちにくいタイプの矯正装置を用いる方法があります。この方法は、ハーフリンガルと呼ばれ、上下裏側の装置を選択するよりも費用的に抑えることができます。
その他に、見えにくい矯正装置として取り外し可能なマウスピース型矯正装置もございます。