小山氏井矯正歯科クリニック 小山氏井矯正歯科クリニック

BLOG

ブログ

歯列矯正は、歯や口腔内だけではなく、一生を通じて身体全体の健康を維持することに繋がる治療です。その為、多くの親御さんはお子様の歯列矯正治療を検討されていることと思います。また、歯列矯正のチャンスがないまま大人になった方で、健康維持や審美の為に歯列矯正を受けたいとお考えの方もいらっしゃると思います。
そのような場合、矯正治療はどのように始まりどのように進行していくのか、どの程度の期間、どの程度の頻度で通わなくてはならないのか、費用はどの程度かかるのかといった疑問がわくのではないでしょうか?実際に矯正歯科の診察に行く前に、そのような疑問についてある程度確認しいておきましょう。

矯正治療はカウンセリングから始まります

「矯正歯科の診察を受けたら、絶対に矯正治療を受けなくてはならないのではないか?」という心配から、矯正歯科に行くことに二の足を踏まれる方もいらっしゃいますが、そのようなことはありません。矯正歯科では、診察の結果とカウンセリングによって、矯正治療の必要性の有無、必要な場合には矯正治療の方針と具体的な方法を決めていきます。

≪初診で行われること≫

本人(お子様の場合は親御さん)が感じている現在の歯の状況を医師に説明

噛み合わせが悪い、良く舌や口の内側を噛んでしまう、見た目が悪い、歯並びが悪く、歯磨きをしても磨き残しが多いなど
視診 口の中の全体的な様子、顔全体の印象(歯の噛み合わせによって輪郭や顔貌が変わることがあります)、身体全体の様子(噛み合わせの悪さによって、身体全体の骨格や筋肉に悪影響を与えることがあります。)

問診 医師からの質問に答える

本人が伝えた現在の状況がいつから始まり、どのように変化してきているか、口呼吸をしている、頬杖をつく、子供であれば指しゃぶりや爪かじりをするなど日常的にどのような癖があるのか(習癖が歯並びに悪影響を与えていることがあります。)、家族歴(家族に歯周病や歯並びの悪い人がいた場合、骨格や歯の質などの遺伝によって歯並びに影響が出る場合があります。)

必要に応じて行われる検査

ノラマエックス写真、あごの関節・噛み合わせの検査、 上下歯列の模型分析などが症状に応じて行われることがあります。

≪カウンセリングの内容≫

矯正治療の必要性の有無

初診の結果を見て、矯正治療が必要であるか、必要な場合には、治療の開始時期、また、今すぐする必要はないが、将来的に必要になると予測される治療について医師からの説明があります。
矯正治療について 現在、または将来的に矯正治療が必要な場合には、治療について医師から説明があります。なぜなら、矯正治療は時間も費用もかかるものなので、本人、又は親御さんが矯正治療に対して、確実に理解していることが必要だからです。
→ 具体的には…?
➢ 治療の必要性 治療を行わなかった場合に発生する恐れのある問題に対する説明
➢ 矯正治療の目的 歯並びを矯正することによって身体全体の健康を維持できることに対する説明
➢ 矯正装置の説明 症状に応じて装着することになる装置についての説明(初めのうちは痛みが出る場合もある、歯磨きが難しくなる、つけたり外したりできないなど)
➢ 治療期間 本人の症状、年齢、治療方法に合わせた治療期間と、治療期間の通院の頻度についての説明。(症状、年齢、治療方法によって異なる為、個人差があります。3年程度が一般的ですが、6年近くかかることもあります。また、治療中は、月に1回程度診察を受ける必要があります。)

矯正装置である「ブラケット」は昔のイメージだと金属で目立つことを考えてしまいますが、実は今となってはブラケットにも様々な種類があります。目立たない装置や見えない位置に装着するなど様々な工夫で進化を遂げてはおりますが、矯正装置を装着することで不快感があることは確かです。今回の記事ではブラケットの不快感や対処法、更には外れた時の応急処置についても詳しく説明していきます。

【ブラケットの種類と不快感】

ブラケットとは、矯正する際に使用するワイヤーを通す小さな装置のことで歯の表面に固定します。ブラケットはメタルブラケットといわれる金属性のブラケットが代表的で、目立ちはしますが金属製のブラケットは強度も高くて費用も安いです。一方、目立たないことを重視して作られた審美ブラケットは樹脂やセラミックですので金属アレルギーの方にも適しています。しかし、金属製のブラケットと比較すると強度も多少劣りますし費用も高いです。また、ブラケットはリンガルブラケットといわれる歯の裏側に装着可能なものもあります。歯の裏側に矯正装置をつけるので矯正装置が見えにくく人目は比較的気にならなくなります。ブラケットは基本的に表側につけても裏側につけても、唇や舌に装置が触れることで最初は違和感を感じやすいものです。食べ物によっては引っ掛かって食事がしにくいと感じたり、話し方も装着前とは変わりますので発音がしづらい場合もあります。

【矯正用ワックスで対策】

上記のようにブラケットを装着することでブラケットやブラケットに通すワイヤーが唇や粘膜などに触れて違和感を感じるだけでなく、擦れて痛くなることがありますから矯正用ワックスという便利なものがあり対策できます。ブラケットを覆える程の微量を指にとり、ブラケットを隠すように押し付ければ良いだけで簡単な作業で済みます。

【応急処置にも使える】

矯正用ワックスは不快感の対策としてだけではなく、例えばブラケットが脱離しかけたりワイヤーが破損した場合にも役に立ちます。破損したまま放置すれば歯が動いてしまうので、可能な限り早急に通っている矯正歯科の先生に連絡して直してもらいましょう。修理するのは早ければ早い方が良いです。矯正歯科に行くまでの間に破損部分が唇などに当たり痛くなったり傷つく可能性もあるので、ワックスで一先ず覆い一時的にしのぐことができます。

■まとめ

ブラケットは見た目には小さなものではありますが、いざ口の中に装着すると思っていた以上に違和感を感じるという方もいらっしゃいます。そんな方の為に矯正用ワックスがありますので安心して矯正治療を行っていけますね。また、応急処置法も普段から頭に入れておくと、いざという時に慌てずに済みますので是非覚えておきましょう。

矯正治療を考えている方の中には、お子さんの歯並びが気になって矯正治療を受けさせようと考えている場合や、大人になってから矯正治療を受けようとしている方…様々なパターンがあります。しかし、矯正治療を始める前に覚えておくべき大切なことがあります。高額な費用をかけて長きに渡り行う矯正治療を成功させるための「鍵」となるポイントを紹介していきたいと思います。

■矯正治療を成功させる為の3つの心構え

1・やりとげようとする意欲

矯正治療は長くかかるものではありますが、少しでも短い期間で歯並びを綺麗にしたいと考える方々が多いでしょう。では、どうすれば少しでも短い期間で矯正治療を成功させられるのか…実は歯科医院選びも大切ですが、鍵となるのはそれだけではありません。
矯正治療を考えている方々に申し上げたいのは、大前提として矯正治療において「やりとげようとする意欲」が最も重要になります。どんなに腕利きの医師がいる歯科医院を選択したとしても、意欲のない方は矯正治療は成功しないといっても過言ではありません。
矯正治療を行うのが子供なら、矯正治療をさせようと考えた家族の方の意欲が必要ですし、矯正治療を行うのが大人の方なら自身の意欲が必要なのです。矯正治療には「努力」が必要不可欠となり、手抜きした分はキッチリ治療期間と結果に表れますよ。

2・口腔内のケアは真面目にやる

口腔内とは、お口の中のことを指しますが、矯正治療で患者さんが出来ることは「口の中を清潔に保つ」ことであり一番大切なことです。
定期的に歯科医院に真面目に通うことも絶対的な条件ですが、矯正治療を行う歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が出来ることは、専用技術や知識を生かした「サポート」です。矯正治療が終わるまで毎日付きっきりで全てをケアしてあげるのは無理な話です。
ここで頭におくべきことは、「任せっきりにしない」ということであり毎日の歯磨きを頑張ることが一番の近道です。それは何故かを説明しましょう。矯正治療を成功させる必須条件は、「虫歯をつくらない」こと。なぜなら、いくら良い矯正治療をしていても虫歯ができれば矯正治療中に虫歯治療が必要になるからです。
見た目や治療費の問題だけでなく、治療期間が延びてしまいます。「矯正歯科で治療すればいいじゃないか」そう思う方もいるでしょう。
しかし、それは違います。矯正専門の歯科医院の多くは虫歯治療をしません。なぜなら矯正治療が専門性の高い治療であることから、一般歯科のような虫歯治療は行わないのです。中には矯正治療のみを専攻してきた医師の場合、虫歯の治療が出来ない歯科医師もいます。
それだけ歯科治療の中でも矯正治療は特殊であり難しいというわけです。結果的に大きな虫歯が発見された場合には、一般歯科などでの虫歯治療を促されます。治さなければ継続して矯正装具をつけていることが出来ない場合もあるからです。矯正装置の周辺は磨き残しもできやすく、虫歯になる方々が非常に多いです。
治療する期間もさることながら、治療費もかけないようにするには歯磨きを一生懸命やって虫歯をつくらないことが大切です。

3・周囲の理解と応援は重要

矯正治療の気になるポイントは装置の種類により目立つものもある点です。幼少期での矯正治療は、友達に珍しがられたりして悪気がなくとも色々と聞かれたりするのは嫌なものです。
それが原因で「矯正やめたいよ」と言う子は非常に多いのも事実です。最近では矯正治療への理解はされるようになったものの子供心には辛い場合もあり傷つくこともありますね。
そんな時には、ご家族や周囲の励ましや応援がとっても大事になってくるのです 。例えば、「綺麗な歯並びになったら沢山美味しいもの食べれるようになるよ 」「治療終わったら、綺麗な歯を自慢すればいい!」そんな風に応援してあげましょう。
大人の場合にもいえることですが、とにかくプラスに考えるということが 非常に重要になってきますし、挫折しそうになったら綺麗な歯並びの自分を想像して自分を奮い立たせることです。矯正治療を楽しむような感覚で行うと、辛いものも辛くなく感じてくるでしょう。

■まとめ

このように矯正治療は、どんなに腕利きの歯科医師よりも、どんなにブラッシング指導やクリーニングが上手な歯科衛生士よりも、自宅でのケアと強い意志が重要だということを良くわかって頂けたかと思います。また面倒になって中断する方もいらっしゃいますが、矯正治療を始める前には強い意志を持って挑むようにしましょう。その気持ちが強ければ強いほど、矯正治療は上手くいきますよ。

テーマ 8.

歯科矯正治療のメリットとしては歯並びが綺麗になるだけでなく、忘れてはならないのが歯並びが綺麗になったことで非常に噛みやすくなり健康的な食生活を送れるようになるという点があります。しかし、頭に入れておかなくてはならないリスクも存在します。今回の記事では矯正治療におけるリスクを紹介していきます。

■矯正治療で考えられるリスク

・虫歯、歯肉炎、歯周病のリスク

矯正治療をする際に、しっかりとケアしなかった場合に起こりうる3大症例といっても過言ではないのが虫歯、歯肉炎、歯周病です。これらは場合により、矯正歯科ではなく一般歯科などの別の歯科医院で治療することになります。
基本的に矯正歯科では矯正治療を専門に行いますから、それ以外の治療が必要な時には他の歯科医院に行かなくてはならなる場合があり二度手間になります。
スムーズな矯正治療を希望するなら、健康的な歯と健康的な歯肉を保つのが必須条件となりますので虫歯や歯肉炎、歯周炎の要素は普段のブラッシングで遠ざける努力が必要となります。
歯科衛生士に歯のブラッシングの仕方や注意点を指導して貰い、忠実に実行しなければ状態はすぐに悪くなってしまいますので要注意です。矯正装置の周辺は非常に磨き残しが残りやすいことを常に考えておかなければならず、ブラッシングも普段以上に丁寧に行わなくてはなりません。

・知覚過敏症、歯髄炎のリスク

知覚過敏症とは様々な原因で歯に「しみる症状」を起こすことをいいます。全ての人てまはなくとも特に矯正装置を装着した直後、固定するワイヤーを交換した直後に「しみる・痛い」と感じやすいです。歯を動かすことで、一時的に歯と歯茎の間に隙間が出来ることから生じる症状です。大半は長くとも数日で落ち着きますが、酷くなると冷たいものだけでなく温かいものもしみたり黙っててもズキズキ痛むようになり長い時間に渡り続くことがあります。これを無視していると、一般的にいわれている「歯の神経が死んでしまう」ことを指す歯髄炎を引き起こし、数回に渡る神経を取る処置である根の治療をしなくてはならなくなりますから注意が必要です。

・歯根吸収、歯肉退縮のリスク

矯正装置から歯に加わる力が強すぎることで、少しずつ歯の根が短くなってしまうことを歯根吸収といいます。歯を動かす場合に適切な加減以上の力を加えすぎれば、例え虫歯のない綺麗な歯だとしてもダメにしてしまう場合がありますので力加減は非常に重要となります。
また、歯肉退縮については同じく矯正治療の力加減の強すぎや矯正治療中の誤ったブラッシング方法により歯茎が下がってしまい歯茎に隠れているはずの歯の根が露出してしまうこともあります。歯の根と通常露出している部分の境目は実はくびれていて歯の質が柔らかいのです。そこに磨き残しが蓄積し虫歯や歯周病、更には知覚過敏症も引き起こしますので注意しなくてはなりません。このように矯正治療でも歯肉が下がる場合があります。特に根が1本である前歯に起こりやすく、1度下がってしまった歯茎は元に戻ることはないので治す方法としては歯肉移植しかありません。歯肉移植は非常に難しく、移植した歯肉が不自然な感じになってしまう場合もありますので技術力のある歯科医師でなければ自然な状態で移植するのは難しくなります。

■まとめ

今回は矯正治療によって起こりうる代表的なリスクを挙げてまいりました。歯の生え方やお口の中の状況によって個人差がありますので、他にも考えられるリスクはありますが一見矯正治療はメリットだけだと思われがちでも実はリスクがあることを忘れてはなりません。

大人の歯が完成する時期

9歳から12歳くらいにかけて、乳犬歯、第1乳臼歯、第2乳臼歯が生え代わり、最後に奥歯の最も奥に第2大臼歯が生え大人の歯並びが完成します。この年齢では、子供が自分で歯磨きをするので、この時期までに正しい歯磨き習慣を身につけさせておくことが非常に大切です。中学生になると食生活も100パーセント親の管理下ではなくなり、ジャンクフードを食べたり、食後に歯を磨かなかったりすることが出てくるからです。
またこの時期に、歯とあごのバランスの悪さによる噛み合わせの悪さが出てきた場合には、歯科医の指導に従って、歯列矯正をする必要があります。

Point 歯の生え変わりの初めから虫歯にならないよう注意してきても、正しい歯磨き習慣が子供の身についていないと、台無しになってしまいます。小学校低学年までに正しい歯磨き習慣を身に付けさせることが必要です。

歯科医で定期健診を受けさせる…学校での歯の検診が1年に1回の場合、もし虫歯ができていた場合、悪化してしまいます。6カ月に1回程度は検診が必要です。歯科医では、歯磨きがどの程度で来ているかによって、次回の検診日を決めてくれます。またあ、検診に行くとブラッシングの指導をしてもらえるので、子供の歯磨きに対する意識が高まります。

歯列矯正を始める…子供の歯列矯正治療には、歯とあごを調整する為の早期矯正治療と、第二期歯列矯正治療があります。永久歯が生え揃う頃に始める歯列矯正治療は第二期歯列矯正治療です。この治療を始めるタイミングや治療の必要性の有無には個人差があり、治療にかかる期間や費用も異なります。お子さんに歯列矯正の必要性があるのか、ある場合にはいつ始めたらよいのかということを矯正専門の医師に相談してみましょう。

歯の生え変わりまでに習慣にしておきたいお子様の口腔ケア

歯の生え変わりの時期を無事に乗り越えるためには、歯の生え変わりが始まるまでの口腔ケアが大切です。お口の中が清潔に保たれている、乳歯に虫歯がない、あごが年齢に応じて発達しているという状態を維持することが、正常な歯の生え変わりに繋がります。
≪乳歯が生え始める時期(6~9カ月)…唾液で口の中の清潔が保たれている≫
食後に湯冷ましを飲ませる
湿らせたガーゼで歯や口の中をぬぐう
≪前歯が生え揃う時期(1歳前後)~奥歯が生えてくる時期(1歳6か月頃)…唾液が届きにくい前歯、汚れが残りやすい奥歯は歯磨きが必要なので、歯磨きの習慣を定着させる≫
子供を歯磨き嫌いにしない為、絶対に痛みを与えない
柔らかい歯ブラシでゆるい力加減で歯磨きをする(歯ブラシは握らずペンを持つように)
上唇内側の中央にあるヒダ(上唇小帯)に歯ブラシが当たらないよう注意する
子供が安心できる体制で歯磨きをする(お母さんがゆったりした気持ちで歯磨きすることが大切です)
習慣づけの為、なるべく同じ時間に歯磨きをする

健康できれいな歯並びは、歯の生え変わり時期だけで決定するものではありません。乳歯の頃から丁寧な口腔ケアをしてお子さんの歯を守りましょう。

健康できれいな歯並びにする為に必要な子どもの歯の生え変わり時期のケア

6歳前後になると、乳歯から永久歯へと歯の生え変わりが始まります。生え変わりの時期は14歳ごろまで続きますが、その期間の口腔ケアは健康な永久歯にする為にとても大切です。
初めてのお子さんの場合、子どもの歯の生え変わりについて不安を感じていらっしゃるお母さんもいらっしゃることと思います。一般的な子供の歯の生え変わりの時期について、確認していきましょう。

正しい歯の生え変わり時期

歯の生え変わりに時期には個人差があり、6歳になっても全く始まらないお子さんもいれば、5歳のうちから始まるお子さんもいらっしゃいます。また、歯が生え変わる順番にも個人差があります。その為、一般的な歯の生え変わり時期というものは、単に目安であると考えてください。
お母さんのお腹にいる時に、赤ちゃんの乳歯が作られ始めることは皆さんご存知のことと思いますが、妊娠3か月頃からは永久歯の歯胚の形成も始まります。歯胚とは、歯の芽のことで、この部分から歯の形成が始まります。そして6歳前後になると、あごの中で成長していた永久歯が出来上ると、乳歯の歯根が溶けていき、抜け落ちていきます。
初めての永久歯は永久歯の歯並びに大きく影響する六歳臼歯
ほとんどの場合、一番初めに生えてくる永久歯は奥から2番目にある第一大臼歯です。六歳になると生えてくることが多いので、六歳臼歯とも呼ばれています。
この第一大臼歯は、永久歯の中で最も強い咬む力があり、永久歯の歯並びに大きく影響する重要な歯です。ところが困ったことに、虫歯になりやすいという問題点があります。
その理由は、歯がまだ弱く口中の酸に侵されやすい、乳歯に比べて溝が深いので汚れが溜まりやすいというようなことにあります。さらに手前にある乳歯が邪魔になる、生えかけの時期は歯肉がかぶさっている部分が多いといったことから、歯ブラシが届きにくく、正しく磨くことが難しいのです。

Point

この時期の歯磨きは、お母さんがしっかり見守る必要があります。
六歳臼歯の磨き残しをしない…口の横から歯ブラシを入れる・鏡でチェックしながら磨く・歯と歯の間、歯の歯肉の間は特に念入りに磨く
虫歯予防の処置をする…歯科医でフッ素塗布や合成樹脂でコーティングするシーラント処置を受ける
口内を清潔にする…口の中が汚れている状態で永久歯が生えてくると歯茎に細菌が入ってしまい、腫れてしまうことがあります。毎食後に歯を磨く習慣をつけさせましょう。

前歯をきれいに生え揃わせるために必要なこと

7~9歳には、中切歯、側切歯、側切歯が順に生え変わります。この時期に、あごが成長しきっていないと、生えてきた永久歯があごに収まりきらず、歯並びが悪くなってしまう恐れがあります。そのような場合には、歯科医であごの調整をする矯正治療を受けることで、歯並びの悪さを予防することができます。
また、この時期になっても第一大臼歯や前歯が生えてこない場合には、歯科医での検査が必要です。

Point

日常生活の癖があごの発達を妨げてしまうことがあります。歯科医の治療だけではなく、歯並びに悪影響を与える子供の癖を治すことも必要です。
日常生活での癖を治す…頬杖をつかせない・口呼吸をさせない(鼻に問題がある場合は、耳鼻科での治療が必要ですが、多くの場合は単なる癖です。)
あごを発達させる食生活を工夫する…噛むことはあごを発達させます。柔らかいものやジャンクフードばかり食べていると、歯にも健康にも良くありません。ちゃんと噛まないと食べられない食べ物を食事のメニューに加えましょう。

 

外科矯正について

一口に矯正治療と申しましても、一般的な矯正と外科手術が必要となる外科矯正治療に分かれます。今回は外科矯正治療について知識のない方にも分かりやすく解説していきますので、現在お悩みの方がいらっしゃれば是非参考にしていただきたいと思います。

・外科矯正治療の説明

では始めに外科矯正治療とは何かについて説明していきます。世の中の人間は顔や体の骨格が左右対象ではありませんし、パーフェクトに左右整って人はほぼいません。多少のバランスの誤差は誰でもあるのです。歯科矯正治療において幼少期なら顎の成長をコントロールしたり経過を見ながら矯正治療することになりますが、成長が止まった時期からの矯正治療となると場合によっては歯並びだけの矯正治療で改善が難しい場合があります。そのような場合に外科矯正治療が改善策となるわけです。外科矯正治療とは「外科手術」と「矯正治療」を併用したもので、外科手術としては顎の骨を切って適切な位置に戻す「骨切り手術」という方法で行われます。主に大学病院などのように設備が整った病院での治療が望ましく、理由としては大学病院等であれば口腔外科と矯正科が同じ建物内にあるため連携して治療を進めやすいからです。

・外科矯正治療が必要な症例

外科矯正の適用症例としては様々な症例があります。見た目でコンプレックスを持つ方もいらっしゃいますが、問題となるのは重度の噛み合わせの悪さで食事さえも困難な場合です。上手く噛むことが出来なければ、丸飲み状態となり健康面にも深く関わってくるので深刻なのです。外科矯正治療が適応となる代表的な症例としては以下の通りになります。

前歯で咬めない(開咬症)

上の顎が前方に出てる(上顎前突症)

上の顎が後方に後退してる(上顎後退症)

下の顎が前方に出てる(下顎前突症)

下の顎が後方に後退してる(下顎後退症)

・外科手術の基本的な流れ

外科矯正治療を行うにあたり一般的には以下の手順で進めることとなります。

1…術前矯正
術前矯正とは外科手術を行う前に、まずは矯正科で矯正治療を半年~1年半かけてやります。

2…外科手術
外科手術を受けた後には食事も困難になり痛みや腫れが伴いますから、入院が必要になります。期間の目安としましては、1~4週間程度になりますが平均的には2週間程度でしょう。手術の内容については病院により異なります。

3…術後矯正
外科手術を終えて落ち着いたら、矯正科に再度通うすることになります。ここからの矯正治療は平均して半年~1年程度になります。

4…保定
保定とは、歯が後戻りしないように保つことをいいます。これは非常に大切な過程であり、これをしなければ苦労が水の泡になるのです。保定の装置は「リテーナー」といいます。ワイヤータイプやマウスピースタイプもあります。症例により何を使うかは歯科医師が判断することになります。

5…プレート除去
外科手術の際に埋めたプレートを再び手術で除去する作業ですが、場合によりしないこともあります。

・外科矯正治療の費用

保険が適用される医療機関か、適応されない医療機関かで外科矯正治療の費用は大きく変わります。

→保険適用なしの場合
矯正費用としては80~200万円くらいは準備が必要となります。更に外科手術と入院にかかる費用が100~200万円ほどです。あくまでも一般的な値ですし個人の外科手術の内容にもよりますが、入院費用や検査費用なども合わせますと結構な額になってしまいます。

→保険適用の場合
保険の割合は保険の種類にもよりますが、一般的な3割負担の場合で説明していきます。矯正費用で35?50万円ほど、それに加えて外科手術や入院に25万円~40万円ほどはかかるので準備が必要となります。

■まとめ

このように外科矯正治療は費用もかかりますし、入院も必要になることを理解していただけたかと思います。また、大学病院などのように矯正科と外科手術を行う口腔外科が同じ建物内にあると、様々な面で安心ですし不便を感じずに済みます。しかし、外科矯正治療は大変な思いをする分、治療終了すれば快適な食生活が待っています。